Moon Face Tilt ;月面の傾き
2004年3月7日

月面の45°回転はウィスコンシンと同じ緯度からの写真により実証される。
もし半球のはじきが、月面での180°の変化であるならば、そして赤道へ動くことは、1つの90°回転、又は半分である。
 スポーカンとウィスコンシンが、赤道の北緯約45°にあるので、23°傾きは、それの半分での月面の回転、又は45°になる。

月面観察
ビロクシ、3月7日:大きく、美しい黄色の月は、昨晩昇った。
 それは、それが、ENEからWSWまで横切るようであった。
 注:観察された通過は、地球の傾きを持つ古い黄道面の月である。

 スポーカン、3月7日:月は約45度による右回りの反対に回転させたようである。
 今夕方、インターネットで読みは、北半球からのここワイオミングのスポーカンでの私の視界を示す。
 赤道の近くの誰からも、私が見るという視界のように見える。
 南半球の人々は私達の視界とさかさまな視野を持っている。
 月の人を作る機能は、月の右側に目を残し、現在、月のトップにある。
 注:ウィスコンシンから写真による月面の45度回転は、実証された、同じ緯度。
 半球のはじきは、月面の180°変化であり、そして、赤道への動きは、その半分、又は90°回転である。
 スポーカンとウィスコンシンが、同じ北緯45度にある。
23°の傾きは、それの半分、又は45°において月面の回転をさせる。